/note/social

「社会で育てる」

社会で育てる。

他者の干渉をあれだけ嫌っておきながら何を言っているのか、そして社会が育てるとは言うが、社会がそれをやるとしたら国のために社会が育てるという話になると思うのだが、それはどうなのか。

この手の保障の話、だいたいテイクアンドテイクみたいな感じがする。

@daitronic

原始仏教や原始キリスト教に「僕の考えた最高の信仰形態」を仮託して自分を慰めるのいい加減にやめたら?

原始仏教や原始キリスト教に

「僕の考えた最高の信仰形態」を仮託して自分を慰めるの

いい加減にやめたら?

あと、原始共産制もおんなじやで?

@YouWillSeeHoge

言いたいことは分かるけど、あらゆる宗教についても言える気がするのだが

「コロナは武漢の研究所で作られた」中国人学者が論文発表→専門家は「荒唐無稽」と指摘

論文は、閻氏の宣言するような「科学的な証拠」は明確に存在しない考える中川さん。“人工説”については更にこのように話す。

「科学的に『ない』ことを証明することはほぼ不可能で、人工的に作っていないというのはまさに“悪魔の証明”。どのような証拠を示しても100%ないとは言い切れない。従って、この論文を否定しても、それは新型コロナウイルスの人工合成説そのものの否定にはならない」

中川さんは、論文全体への印象を次のようにまとめる。

「荒唐無稽なことをここまで一生懸命に書くのは、一体どんなモチベーションがあるのだろうか。科学的な議論ではなく、政治的な議論をしたがっている論文に思える」

漫画『BEASTARS』から読み取る、女性に内在するフェミニズム的性向

読ませるなぁ

近くの公立中学校、制服のズボンとスカートどちらでも選べるようになったが、その名目を...

近くの公立中学校、制服のズボンとスカートどちらでも選べるようになったが、その名目を「LGBT等の生徒に配慮し」と公言したために、生徒の間で「女なのにズボンを履くと、LGBTと思われる」と敬遠され、結果的に男子はズボンを選び、女子はスカートを選ぶ、と何も変わらない地獄が発生したとのこと。

@traveling_dwarf

うーむ

正代、三役以上でただ一人3連勝!時津風親方“ゴルフ謹慎”ショックを部屋頭が払しょくだ/秋場所

部屋頭は、連帯感を高めるムードメーカーでもある。アニメ好きの正代は場所前、人類最後の秘境と呼ばれる巨大な縦穴を舞台にした「メイドインアビス」を見て感動。少女とロボットの少年が主人公のファンタジーに「泣きました。部屋の力士にも強制的に見せた。みんな、ぼくが泣いたところで泣いていた」。

こいつ、黎明卿か??

社会学は何をしているのか

ふーむ?

暗黒メモ「くんくん……こ、これは、ミソジニーの匂い!!」

発生しているなんらかの批判について、論理的に再反論するわけではなく「批判者の動機」に問題をフォーカスし、またその動機についてなんらかの否定的な価値判断をともなう断定をしてしまう習い性こそ、社会学やジェンダー論にかかわる人文学者たちが嫌われ、そして叩かれる大きな要因となっている。

「道徳的で倫理的な社会正義にかなった研究活動をする私に対して、批判や反論を向けてくるということは、その批判者は非道徳的で非倫理的で、正義に反する人物か、あるいはそうした邪悪な動機に基づいているに違いない」といった理路が、ほとんど脊髄反射的に出来上がってしまうのである。

この「道徳的優位性」概念、本当に人間のバグだと思うのである

社会学ヤベーって思ったのは、とある社会学者が査読論文少なくね?って言われた時にナチュラルに...

社会学ヤベーって思ったのは、とある社会学者が査読論文少なくね?って言われた時にナチュラルに「もう査読する側なんだけど?」みたいな返答をお出ししてきた事ですね

地位を得た人間は根拠ない理論を展開しても正されない文化がある学問という事が分かってしまう

@ryutou_

千田先生最強だな

社会学は隣接領域の社会心理学から見て長年疑いの目を向けられて来たのは確かだよ

学術分野によって査読論文をどの程度重要視するか差があるというのはその通りだろうけど、社会学は隣接領域の社会心理学から見て「やばい…社会学って全然検証してない…大きな声で言ったもん勝ちじゃね?」と長年疑いの目を向けられて来たのは確かだよ

@choconokawa

社会心理学が仮説を立てて手間暇かけてそれを検証して「~ということが言えるかもしれない」って査読論文に書いている間に、社会学者は「○○は○○です!根拠は私の体験です!」って言ってたから社会心理学者はほぼ全員、社会学者が嫌いなんだよなあ

@choconokawa

社会学は社会に焦点を当て、社会心理学は社会を構成する人間に焦点を当てる、と社会学者に言われたことがある

社会学が扱う「社会」って研究者によって変わるんじゃないかな

だから査読できない、ってことになるんだと思う

@choconokawa

もしかしたら20世紀初頭の文化人類学者(たとえばマーガレット・ミードとかルース・ベネディクト)のようにフィールドワークを行った自分の体験を発表する、という態度が尊ばれてきたのかもしれない、と千田先生のツイートを読んで思ったよ

@choconokawa

一方の社会を構成する人間に焦点を当てる社会心理学は行動や知覚からデータ化する方法(実験法とか調査法とか)を長年に渡って検討して蓄積してきた

@choconokawa

社会心理学は実験の被験者や調査する集団が代わっても同じ結果が出ることにこだわってきたから、追試(別の研究者が同じ実験を行う)で検証されないと大騒ぎになるんだ

最近発表されたスタンフォード監獄実験への異議みたいにね

@choconokawa

別に社会心理学を上げて社会学を下げようってわけじゃないけど、「隣接領域から見てどのあたりがやばいと思ったのか」をちょっと説明してみたよ

@choconokawa

ちなみにこれは社会学者と社会心理学者から聞いたことを元に書いた個人的な見解だよ

ちゃんと名前を明かせる研究者の意見を聞きたいけれど、社会心理学者はこういうとこには出てこないだろうなあ

@choconokawa

千田先生だけじゃない

一般向けの本を出してそれを売ろうと一生懸命になってる社会学者の有名な方々は、SNSで上げられたり下げられたりしてツイートを非公開にしている間にアカデミズムからはどんどんイロモノ扱いされていく…ってこれを機会に気付いた方がいいと思うんだ

@choconokawa

裏を返せば「全ての浪費の原因は女で在り、女を断捨離すれば途端に男性の人生にはゆとりが溢れる」って事

90年代あたりに団塊の糞ジジイ共が「消費経済は女が回している。男はそれに従属する存在であり男をターゲットにした市場設定など莫迦のする事」と放言したの、裏を返せば「全ての浪費の原因は女で在り、女を断捨離すれば途端に男性の人生にはゆとりが溢れる」って事なのよね(苦笑)

@Maximam357A2

そりゃまぁそうかなという感じではある

おいおい、言論の自由って分かってんのか?「呼ぶな」じゃなくて「俺と議論させろ」が筋だろ

おいおい、言論の自由って分かってんのか?「呼ぶな」じゃなくて「俺と議論させろ」が筋だろ。俺もあんたに聞きたいことや言いたいことはいっぱいある。表で議論しようじゃないか。俺が毎週出ている番組と出演交渉してくれ。

報道1930の橋下徹。野党を貶め菅氏を弁護し持ち上げる発言に終止。印象操作を延々と繰り返している。番組は何のために橋下を呼んだのだ?上からの圧力があったのか?もう呼ぶな。

@brahmslover

@hashimoto_lo

ド正論喰らってて草

白饅頭日誌:9月14日「貧しい人の『モノ』と『靄(もや)』」

切羽詰まってる(と感じてる)時の意思決定は低品質というのは実感あるな

社会学者に「ソーシャル放火魔」という名前を付けた言語センスに脱帽する

マナー講師を「失礼クリエイター」と名付けた時はその的を射た感じがなるほどなと膝を打ったが

社会学者に「ソーシャル放火魔」という名前を付けた言語センスに脱帽する。

社会学者の行動が火のない所にわざわざ火を発生させてその問題そのものを全焼させる当たりバッチリだ。

@sabo666

「失礼クリエイター」、「ソーシャル放火魔」の上位互換的存在として「差別の当たり屋」があったりする。

つまり人類は進化の中で人間に良く似ているが微妙に違う物から逃げる自然選択があった。

この指摘怖い…

人間に良く似ているが違う物を見ると感じる恐怖「不気味の谷」。他の動物はそうした反応はなく自身に似た物を受け入れる。

つまり人類は進化の中で人間に良く似ているが微妙に違う物から逃げる自然選択があった。

私達人類は「何」に恐怖していたのか。

The fact that the uncanny valley exists is existentially terrifying : Showerthoughts

@ZplusC1Bst

同種間での食料の争奪戦や縄張り争いやってたんだから当然と言えば当然だと思うのだが

とにかく大学教員に関しては麻原彰晃の娘が点数的には合格しているのに入学を許可しなかった大学が...

とにかく大学教員に関しては麻原彰晃の娘が点数的には合格しているのに入学を許可しなかった大学がいくつかあって、それは差別だと発言した教員がほとんどいなかったことは決して忘れない。差別など論じる資格がある人がどれだけいるかと思う。

@kous37

自分が当事者になると腰が引けてしまうのあるある

その会社の環境に合う人もいるんだから、合わないのは自分の都合。合う環境を用意しなかった会社の落ち度じゃない

会社を辞める理由は色々ある。基本的には何かが合わないから辞めるのであって、辞める理由、特に会社側の特性について、事細かに言う必要はないと思う。

その会社の環境に合う人もいるんだから、合わないのは自分の都合。合う環境を用意しなかった会社の落ち度じゃない。

@sugimoto_kei

もちろん、ハラスメントがあったとか、そういう場合は別ですよ。

@sugimoto_kei

これは確かに。

母親と話してると3秒で不快になるので原因を分析したら、「スタンダードは常に自分」という...

これは「スタンダードは自分」というよりはシンプルに「私を気を使え、接待しろ」だと思うんだよな。

なので発言に悪意はないし、何なら特に意味もない。

マジで意味わかんないんだけど、こんだけ要求通しといて景気も出生率も下げてるリベラルが...

マジで意味わかんないんだけど、こんだけ要求通しといて景気も出生率も下げてるリベラルが大きな顔してるの頭おかしいんじゃないの?

そろそろ「俺達のやってきたことは何もかも間違いで、何の成果も出せませんでした。伝統様に偉そうな事言って誠に申し訳ありませんでした」って土下座する時期でしょ

@satetu4401

先進的な教育や先進的な価値感が、日本を発展させ出生率を回復する、とか散々デカい口叩いて、伝統を「古臭い時代遅れのゴミ」とか言ってた癖に、結局伝統的な時代よりも遙かに低い成長率と出生率、ゴミみたいな結果しか出せてない。先進教育が始まって60余年そろそろ自らの失態の責任を取る時間ですよ

@satetu4401

それらって全てリベラルのせいか? って感じはするのだが

完全に時代遅れになった人との会話って「Cってなんだ!既存のAとBとの違いを説明しろ!」...

完全に時代遅れになった人との会話って

「Cってなんだ!既存のAとBとの違いを説明しろ!」

「AとBとは全く別の概念でこれこれこういうことです」

「わからん!AとBでいうとどっちなんだ!」

「だから別物です」

「わからん!わからん!」

のようなのになりがちなのでキツい

@satoru_takeuchi

これは確かに。

わからないなら引っ込んでろと言えないのは勤め人の悲しいところよな。

私は神がいないと何が恐ろしくて何が困るのか全くわからない。具体的に生活上何が問題なのか

私は神がいないと何が恐ろしくて何が困るのか全くわからない。具体的に生活上何が問題なのか。ワケわからんうちに勝手に増える税金とか法律の方が困る。そして太陽と雨と飯と自由飲酒主義があれば十分ではないでしょうか(二本目の麦酒を空けつつ)

@Legionarius_

現世が十分幸福なものである以上、死後の世界に期待する必然性が消えてしまったというのはある。

死後の世界に期待しないという事は死後の裁判官たる神の存在意義も無くなってしまった。

そして、それで何が悪いのかという事に宗教は答えることができなかった。

僕が神を信じている一番大きな理由は、単純に「神なき世界」なんておっそろしくて...

僕が神を信じている一番大きな理由は、単純に「神なき世界」なんておっそろしくて受け入れがたいからです。

@R669MpPwfWAgBQK

1mmも共感できなくて、逆に興味深い。

何故「神無き世界」がそこまで恐ろしいのだろうか。

アメリカ白人は「生まれる前から」レイシストであり、死ぬまでレイシズムの原罪から逃れることはできない

原罪という考え方は本当にクソであるな

メサイアコンプレックスに突き動かされた「自称・善意」は、相手の自立心を奪い、長期的に見たときに...

メサイアコンプレックスに突き動かされた「自称・善意」は、相手の自立心を奪い、長期的に見たときに不幸の道に誘う可能性が高い。

なぜなら、自分が誰かの役に立ち続けるには、その相手が自立できない弱者であることが絶対条件になるから。

誰かの役に立とうという気持ちは素晴らしいですが、それだけを目的としたり、自分のことを疎かにしてまでするそれは安易に自己肯定感を高めたいための行動に感じます。

自己肯定感を無理に(安易に)高めることは危険【承認欲求・劣等感】【発達障害】 - YouTube

より

@bar_brats

@hahacom333

社会運動と絡み合う思想ってのは、「お気持ちに寄り添う」か「原理原則で突っ切る」のどちらかに全力で...

育ちが悪いので汚い言葉で表現して恐縮ですがね、社会運動と絡み合う思想ってのは、「お気持ちに寄り添う」か「原理原則で突っ切る」のどちらかに全力で振らないとそりゃ全部敵になるよね。目先の敵にビビってるからそうなる。半端なとこでケツまくるやつは背中撃たれるに決まってんじゃん。

@syakkin_dama

今まで無限に男性嫌悪を累積的な抑圧としてよしよししてやり、男性嫌悪を庇い、肯定し全ては男が悪いと...

今まで無限に男性嫌悪を累積的な抑圧としてよしよししてやり、男性嫌悪を庇い、肯定し全ては男が悪いといういう世界で大事大事に育ててきたあなた方のバーサーカーが「トランス女性を恐怖や不安や不快感で差別・排除してはいけない」という言葉を聞き入れると思ってたなら女性に無関心なんさね。

@tamako_han

青識とやりあって最善の相とかいってた小宮さんは天晴だった。あれがなかったら...

青識とやりあって最善の相とかいってた小宮さんは天晴だった。あれがなかったらこの人は知識と理解力が不足しており同情心に富んだ人柄が裏目に出て女子トイレに男性を招き入れ用としていることに気づいていないのではと思うところだった。残念ながら欠けているのは想像力ではなく誠実な正直さだ。

@kutabirehateko

ちょっと何を言ってるのか理解するのが難しい

千田氏にしろ牟田氏にしろ、「女性の不快と不安には無制限に寄り添え」という考えなのだから、トランス思想...

千田氏にしろ牟田氏にしろ、「女性の不快と不安には無制限に寄り添え」という考えなのだから、トランス思想(性別自己決定主義)に不安を表明する女性の声を抑圧なぞできようはずもないのだ。一応そこの筋は通ってるわけ。こみやん氏よりその点はマシ。

@diablo_delfin

ていうか架空の数百年後を描いた異惑星の社会風俗が現代にそぐわないから変えろって...

ていうか架空の数百年後を描いた異惑星の社会風俗が

現代にそぐわないから変えろって言いだす社会学者やべえよ

@hiranokohta

何故社会学の学者さんは虚構と現実の区別がつかないのか。その謎を探るため我々はアマゾンへ飛んだ(飛んだとは言ってない)。

無思想はなぜヤバいのか

白饅頭日誌:9月11日「ドナルド・トランプという名の『結果』」

これって潜在的な「(女は男に)加害しても良い」という意識の表れなんじゃないかと思うことがある。

現実には、よほどでなきゃ誰かに向かって「ブス」なんて怖くて言えない。

その加害性を意識して、一歩引き下がるから。

でも「キモい」は割とカジュアルに出力される言葉の暴力だ。

これって潜在的な「(女は男に)加害しても良い」という意識の表れなんじゃないかと思うことがある。

ブスといったら容姿にかんしての中傷だ!激怒する人が平気で他人にキモい!キモオタ!とか連呼してて素敵な一日だ。

@gerogeroR

@AnonymousLonger

「有能な女は社会貢献以上に男にとっても他の女にとっても有害なので全員中卒でいい」説

有能な女は社会貢献以上に男にとっても他の女にとっても有害なので全員中卒でいいというスタンスです。キャリア女はキャリアも子どもも欲しがった時に主夫を扶養するという選択をしたがらず、ナニーや代理母という形で女も搾取しますよね。それにイノベーションを起こすような天才の大半は男ですからね

有能な人物を出世させるのは男女に関わらず必要なのでは?

@sodagahara

@oiparasan

「男女の平均IQにはほとんど差がないのに世に出る天才はなぜ男ばかりなのか?」

A1.女性が差別されているから→🙅

A2.男の知能分布は女よりも上と下に分かれやすいから→🙆

東大生は男が多いけど、中堅大学だと女のほうが成績よかったりするのも同じ理由🐰

@oiparasan

「女性の社会進出や男女賃金平等は大半の女にとっても有害。なぜならば上位の女はより上位の男を求め男に包摂されるはずだった下位の女との格差も開くから。そして上位の女は下位の女を低賃金の保育士や代理母として搾取しようとするから」これは何度も何度も言っていきたい。おれは本当にしつこいよ

@oiparasan

スプツニ子案件でわかったろ。キャリア女は他の女にとってもハッキリ有害だってことが。そこで「スプツニ子は冷酷なやつ」で済ませるからお前らはダメなんだ。問題の根底は男女平等と女性社会進出にあるんだ。家父長制のほうが幸福最大化の面ではまだ遥かにマシだったんだ、まで貫けないからダメなんだ

@oiparasan

うーむ

特殊清掃員が汚れた部屋を片付ける ふと壁に目をやると一流大学の卒業証書が額縁に入れ...

あるアライさんが孤独死した…

特殊清掃員が汚れた部屋を片付ける

ふと壁に目をやると一流大学の卒業証書が額縁に入れられ大事に飾られていた

その紙切れにはなにも意味がなかった

アライさんは日雇い労働者だったのだから…特殊清掃員はなんの躊躇いもなくその卒業証書をゴミ袋へ入れた…

@1945creampie

それ以上いけない

互いを尊重するなんて、相手が自分を尊重してくれないならどうしたって無理。

互いを尊重するなんて、相手が自分を尊重してくれないならどうしたって無理。

ツイッターの話に限らず、人間の絡む事象には全て当てはまる。

@festiva1202

ギブアンドテイクが成立しない関係はちょっと無理よね

大麻やLSDのようなサイケデリクスの類は「人体に有害だからタブー」というより、使用すると労働や蓄財...

大麻やLSDのようなサイケデリクスの類は「人体に有害だからタブー」というより、使用すると労働や蓄財や消費へと個人を駆り立てる強迫観念から「醒めて」しまうので、構成員が「現実をキメて」成り立っている現行社会をサスティナブルに保て無くなる事が一番ヤバいってマックの女子高生が言ってた。

@hattatu_matome

人類が幸福を求める生き物であるならば、そんな彼や彼女らにヘロインを振る舞ってはいけないのは何故なのか問題。

なんだかんだ言っても、個人の幸福より共同体の維持・発展が優先されるのであるな。

皆さんも一度冷静になって「誰が」叩いてるかよく観察した方が良いです

ムーランを叩いてるのは本当はウイグル族の事なんてどうでもいいくせに、中国とディズニー憎しでここぞとばかりに吹き上がってる連中ばかりなんですよね。

そういうネトウヨや差別主義者を利する事になるので、私は加担しません。

皆さんも一度冷静になって「誰が」叩いてるかよく観察した方が良いです

@neoamakusa

「誰が」言っているか次第で態度がコロコロ変わるならネトウヨさんと何も変わらないじゃないですか

関連

ポリコレの民の人らの今後の挙動についてですが、「普段無関心なくせにこんな時だけウイグルでの...

ポリコレの民の人らの今後の挙動についてですが、「普段無関心なくせにこんな時だけウイグルでの人権侵害に憤って見せるネトウヨはこれだから!ディズニーを叩きたいだけ!」みたいな方向で盛り上がり、問題の本丸については触れずごまかす方向に進む、と予想するぜ。予想が当たったらなんかください

@Kouhei_Takeoka

結局、そういう人は被害者の事を真に考えていなくて、自分に都合がいいコマになるかどうかなんでしょう。

町山さんの「被害者しぐさ」発言。普段は「被害者に寄り添って」などと言っていた、あるフェミニストが、気に入らない人を「被害者ぶってる」と言っていたのを目の当たりにしたのを思い出します。結局、そういう人は被害者の事を真に考えていなくて、自分に都合がいいコマになるかどうかなんでしょう。

@6d745

人間とはそんなものである。

しかし、ダブルスタンダードはこれを許してはならない。

21世紀は宗教の時代である

繁殖力を考えると将来的にはイスラムが世界を制覇することになるというのは前から言われてるもんな

実際母親の方が子供殺してんだけど、ロリコンが手を出すのは可愛くて価値の高いロリで...

実際母親の方が子供殺してんだけど、ロリコンが手を出すのは可愛くて価値の高いロリで、母親が殺すのは育てにくい糞ガキだから、みんな資産価値で考えてロリコンの方を問題視しがち

@satetu4401

それ以上いけない

その手のコミュニティーって(中略)判断に迷うときは意見力のある誰かの発信を待つんだよね

ワイも経験あるんだけど、"その手の"コミュニティーって、何かニュースが起きたとき、自分の意見を勝手に言うと、後でコミュニティーの主流の意見の対立意見になる可能性もあるから、判断に迷うときは意見力のある誰かの発信を待つんだよね。「みんなとは違う意見」を言う事って基本的にないのよ。

@nabata_me

お友達が減るのは嫌だからね。

だから一般人が耳にする「市民の意見みたいなやつ」はある程度そういう確認を踏んで「彼らが自信を持って言えると判断した」後のものであることが多いんだよね。

@nabata_me

オタクはキモいと、女はクソだと、男は差別主義者ばかりだと叫んだら人生で得たこともなかった数の...

オタクはキモいと、女はクソだと、男は差別主義者ばかりだと叫んだら人生で得たこともなかった数の承認っぽいものがすごい数字になった。自我消滅チャレンジ、わりと現代のホラーだな…。

@syakkin_dama

あの手の人々を効率的に換金するスキームを考えた方がかえって世のためになる気がする

白饅頭日誌:9月8日「いい人だけの国ツクール」

民主主義や自由主義の擁立者であったリベラリストたち――しかし現代社会では、彼らは民主主義や自由主義に耐えられなくなってきているのかもしれない。

女のなかにはガチで「人のカタチをしたものを生きてると思い込んでる」ヤツがいるっぽい

マネキンの胸揉むことに対して「本人に同意を得たんですか?」ってファビョってたヤツといい、今回のアバター人身売買といい、女のなかにはガチで「人のカタチをしたものを生きてると思い込んでる」ヤツがいるっぽいのが分かってきた。のと、女の子がお人形さん遊び好きなことって実は同根な気がする。

@SabaanyaP

共感性とかそういうのが影響してるんだろうか

丑の刻参りにおける藁人形みたいにヒトガタは人間そのものと見なす呪術的観念との類似性も感じられる

「地方銀行の新築で絶対に停電させられないビル」「なんか2mくらいの箱が埋まってたん...

ひぇっ

女性営業が立案した企画を女性が「風俗店のようw」と揶揄する地獄が発生

おっさんの考える「女性向けのデザイン」って基本的に風俗店のサイトのデザインと似てるんだよな。(左が車のチラシ、右が風俗店のサイトだよ!)

画像

@minenayuka

このアクアチェリッシュは、静岡トヨタの女性社員17人の企画立案によるものだそうです。恐らく、広告の中央上段にいる方々で、広告デザインも彼女達の意向が強く反映された可能性があると考えます。

この広告がおっさんの考えたものか、もう少し調べた方が良いのでは?

@wakka_eng

【静岡】静岡トヨタ(川嶋秀樹社長)はこのほど、同社の女性営業スタッフで構成する「ガールズプロジェクト」による特別仕様車「アクアチェリッシュ」と「ルーミーチェリッシュ」を発売した。同プロジェクトによるアクアは今回が第3弾、ルーミーには今回が初設定で、両車とも女性客を中心に反応が良く、発売以降、好調な滑り出しを見せている。今回のプロジェクトには、入社…

結果的にとはいえ、女性の活躍を女性自ら揶揄・否定する構図になってしまってるの人類の矮小さに思いを馳せざるを得ない。

企業=男性性の象徴みたいな思い込みでもあったのだろうか。

男性を貶したいというリビドーに導かれノリノリで最高速を出した結果、本来守りたかったものに全力で糞を投げつけてしまう様は理性の大事さを我々に教えてくれている。

「ヴィーガンは肉バル行くなっていうんですか!?」って言われたら...

「ヴィーガンは肉バル行くなっていうんですか!?」って言われたら「それは……そうでは……?」としか答えられない……

@0ranssi

どういう状況なんだ

リベラルな人ほど不寛容で狭量なのが謎だったけど、普段は仲間内だけで...

リベラルな人ほど不寛容で狭量なのが謎だったけど、普段は仲間内だけで「人間、分かり合える~」とぬくぬくしてるから、自分の理解出来ないものが目に入った途端、キーッって噴き上がっちゃうんだろうね。大人なら自分が嫌いなものも、世界に存在していることが分かるはずなんだけどね(-_-)

@petty_bonitas

恐らくあの界隈に属してる人達の方が、人間関係が狭いし視野狭窄なのだ(-_-)

@petty_bonitas

バリキャリ未婚女性が「それはアナタの都合でしょう」と一刀両断した話を聞いた時、これが少子化...

厚労省に勤めてた時、3人の子を持つママさん官僚がおられ、8時-16時45分勤務だった。会議時間の調整で、その方が「16時45分までで調整できませんか?」とお願いしたものの、バリキャリ未婚女性が「それはアナタの都合でしょう」と一刀両断した話を聞いた時、これが少子化の原因かと手が震えた。

@ex_kanryo_mochi

伸びそうなため補足させていただくと、バリキャリ未婚女性であっても配慮なさる方も当然おられ、その部分については「人による」が正しいです。一方、このようなことが言えてしまう環境や構造は確実に悪なのであって、改善すべきものと考えます。

@ex_kanryo_mochi

酷い話だ...と思うものの、バリキャリ未婚女性女史にとっては配慮したところで別に見返りはないわけで「それはアナタの都合でしょう」は確かに本音ではある。

とはいえ、そういう物言いはいずれ自分が同じ立場(子持ち)になった時にブーメランのように返ってくる可能性が高いわけで、長期的には損をする態度ではある。

人間は育児をするべきではないのではないか。

「弱者を狙った無差別殺人」は無差別殺人です。

男性はまずいないとはっきりしている女子トイレで女性を殺傷し、次いで6歳児に襲いかかる凶行を「無差別」とは言わんだろう。弱者標的殺傷事件だろう

@yosinotennin

「弱者を狙った無差別殺人」は無差別殺人です。

無差別という言葉で勘違いしますが、「特定個人を狙ってない」くらいの意味しかありません。

@KUZ_3STT3P

「差別」という単語が「弱者」に直結してしまう認知バイアスがあるという事であるな。

基本的な認知が被害者意識に設定されているとこのような解釈になるのだろうか。

要するにアーティストの政治的意見が自分と同じときには「アートと政治的意見は関係ない」と言い...

要するにアーティストの政治的意見が自分と同じときには「アートと政治的意見は関係ない」と言い,自分と異なるときには「アーティストの政治的発言に失望した」と言うのラジよね。

@marxindo

好悪の感情が先にあって、それを正当化するために理屈をつける。というのは人間の性質なので、直しようがないと思ってます。とはいえせめて、自分はいま、自分の好悪を正当化しているなと気付きたい。それは、教養の問題ではないかな、と。

@sugimoto_kei

理屈を付ける、自分が何を好み何を憎むか?その発言を自分がどう分類したか?

の分析の段階では自身に対してこそ冷酷な観察眼を使うべきところなんだろうけれど、

まぁ、徹底出来るものじゃ無いわな。

@anderson_g4d

RADWIMPSの騒動とか酷かったね

日本語でいう「才能」を北米圏では「gift(=神からの贈り物)」って呼ぶの、どうしようも...

日本語でいう「才能」を北米圏では「gift(=神からの贈り物)」って呼ぶの、どうしようもないぐらい身も蓋もなくて好きなんだよな。なんだぁ、神様に選ばれなかったのか、ならしょーがねーなって。

@J1N1_R

日本語でも「天賦の才」って言葉があるけど、こっちはあまり用いられんのよね(多分、現代社会は「天」から遠ざかりすぎたんだ)。結局、才能は与えられるものであって、得るものではない。

@J1N1_R

日本の場合、簡単に現人神になっちゃうから

平田オリザを見ても、演劇界は驚くほどの権威主義で、心臓がバクバクして涙が止まらないほど労働法制...

平田オリザを見ても、演劇界は驚くほどの権威主義で、心臓がバクバクして涙が止まらないほど労働法制なんかにも無知で、そこを芸術性とか自分を高みに置くことで誤魔化してきたのかなと思うんだよな。逆にいえばそうだから、他の産業を平気で見下すような言説も容易に出てくる。

@3adam15

ずっと閉じられた内輪の世界でやってきた人にありがちですねえ(´-ω-`)

@petty_bonitas

そこに「お前らも他の産業・社会と同じだぞ」という現実が突きつけられ、認知的不協和を起こしている感じですね。本当は矛盾は無いはずなんですけど、無意識にでも芸術を特権的に捉えていたので、庶民と同じラインに並んでしまって困惑すると。

@3adam15

それはあるでしょうね。ハイカルチャーで庶民が権威に平伏してくれると思ってたのが、( ゚Д゚)ハァ?という反応でショックだったんでしょう。その後の弁明も「ダメだこいつ早く何とか(ry」でしたしね。その点、歌舞伎役者は対応が上手でしたね、亀の甲より年の劫。

@petty_bonitas

平田オリザは他業種への見下しがシンプルに癇に障ったので没落してもザマァ以外の感想はないのだけど、この手の今までなぁなぁになっていた労働問題が火を吹き始めたら他業種にも飛び火するのは確実だと思うんだよな。具体的には漫画家とか。

基本的には良いことではあるんだけど、そうなるとどうしても作品に採算性が求められるようになって、作品の幅が減るとかが起きたりしそうではある。

発達障害から「神経発達症」へ。

発達障害から「神経発達症」へ。

アメリカ精神医学会DSM5に続いて、昨年にWHOの国際疾病分類ISD11でも名称変更された。

日本の法律に「発達障害」の名称が使われているが、近いうちに発達障害の名前は消えて、「神経発達症」に変わっていくだろう。

@muraosaaniki

これに加えて、国際生活機能分類ことICFの理念も是非是非、社会に広まって欲しい。

@muraosaaniki

へぇ

なんていうか変な自意識が満面に現れている顔というのは本当に醜く見えるんだよねえ。

なんていうか変な自意識が満面に現れている顔というのは本当に醜く見えるんだよねえ。

@kous37

ナルシズムが出てる顔は・・・うーんとなりますね。

@petty_bonitas

そういう顔は放送禁止というか規制した方がくぁwせdrftgyふじこlp

@kous37

別に誰かに教わったわけでもないのにドヤ顔がムカつくの不思議なんだよなぁ

人間の本能的な何かに根ざしているのだろうか。

「劇団員も労働者」 劇団の運営会社に「未払い賃金」の支払い命じる…東京高裁

判決などによると、原告の末廣大知さん(34歳)は2009年8月、社員ではなく、入団契約を結んで、2016年5月に退団するまで劇団員として活動した。この間、公演への出演や稽古のほか、いわゆる裏方業務(大道具・小道具・音響・照明など)に従事しながら、会社が運営するカフェ・バーでも働いた。

しかし、長時間労働にあったにもかかわらず、月6万円しか支払われなかったことから、末廣さんは退団後の2017年4月、未払い賃金の支払いを求めて、東京地裁に労働審判を申し立た。会社側が異議を唱えたことから、訴訟に移行していた。

「(当時)日中は、稽古であったり、小道具の調達であったり、大道具の準備で動いていたり、夜間はセットの建て込みや解体作業や、エアースタジオが運営する飲食店、カフェ・バーの業務が連日つづいていたので、平均すると、1日2、3時間寝ているかどうかがつづいていました。それほどしか寝る時間を確保できませんでした。明け方、飲食店の勤務が終わると、そのまま家に帰る時間がもったいないので、床で寝たりしていました。

それだけ長時間働いていたのにもかかわらず、月6万円と固定されていました。演劇や芸術を志している人たちは、最初は稼げないのが普通だろうと思われているかもしれない。そういうのもあったので、6万円でももらえるなら、それでいいかと納得していました。そういうおかしな働き方にもかかわらず、おかしくないと思わされていました。しかし、(劇団を)やめて、労働基準法のことを知っていくうちに、あの環境はおかしいということに気づきました」

正々堂々やりがい搾取といった趣きを感じる

「萌え絵批判」はなぜ燃えるのか――私たちが怒る本当の理由

そも「人間性に問題」って何だって話よね。ヴィーガンからしたら...

そも「人間性に問題」って何だって話よね。ヴィーガンからしたら「平気で肉食う奴は人間として駄目」だろうし男系男子重視論者からしたら「女性天皇論なんて言ってる奴は日本人として駄目」な訳よ。

@Maximam357A2

議論に際しては、その認識を擦り合わせないといけないわけだが「人間性」みたいな情緒的な概念は明快な定義など合意し得ないので、一生殴り合うしかないみたいな結末になりがち。

町山さんのプライドを傷つけないことと、社会が良くなることとの相関関係がまるでわからないし。

町山さんのプライドを傷つけないことと、社会が良くなることとの相関関係がまるでわからないし。

おそらく何の関係もない。

@kissaka

あの人は自分が全てなので、社会=自分だけ。

自分を無視する世界はありえないと考えてる。

@bear_jp

自己愛拗らせちゃった人特有の思考パターンではある。

とはいえ、この言い回し結構好き。

東さんがいまリベラルに対して呆れているのは「会社を経営した」という点が大きいのではないか

東さんがいまリベラルに対して呆れているのは「会社を経営した」という点が大きいのではないかという予感がある。

@terrakei07

去年末に「リベラリズムの終わり」という本を出し、出版イベントに僕をゲストに招いてくださった萱野先生も、そうした考えに至った一因として「組織内で責任を負い、関係者をマネジメントする役割を担った」ことが大きいと勝手に予想している。

@terrakei07

人は理想だけでは動かないし、利害関係の調整は必ず必要になるという現実を身に沁みて感じれば、自称リベラルな人々の無責任さが鼻についてしまうというのはありそう。

件のハフポス岸田記事について、蓮舫議員の反応

私の価値観とはまったく違いますが、いろんな家族の形態があってもいいと思います。

激務でお疲れの合間に食事を作ってくれる奥様、それは素敵です。

逆も、またありです。

昭和、とくくるのではなく多様な家族の形態を認め合う豊かさのある社会を。

「すごく昭和感」 岸田文雄氏が投稿した夫婦写真への強烈な違和感、理由を考えてみた | ハフポスト

@renho_sha

ハシゴ外されたか?

気に食わない人、思想が合わない人のことを『嫌い』『生理的に受け付けない』と言えばいいだけなのに、

気に食わない人、思想が合わない人のことを『嫌い』『生理的に受け付けない』

と言えばいいだけなのに、

ネトウヨとか反知性と返してしまうこの空気を許してしまったのが、左派の退廃につながった気がする。

加えて、欧米リベラル特有の『ポリコレ』を日本にも取り入れようとして大失敗。それが今。

@polpln

小賢しさしかない罵詈雑言って逆に頭悪く見えるからね仕方ないね

40代50代あたりで一部上場企業系リーマンで、情報感度も収集力も悪くない人がたでも、安倍政権に対する...

40代50代あたりで一部上場企業系リーマンで、情報感度も収集力も悪くない人がたでも、安倍政権に対する拭いがたい否定的見解を持っているのはあれ、アベガーなどと違う意味ゆえに個人的にはいろいろ興味深い。

@kingbiscuitSIU

割と多いのは、公文書管理のずさんさや改竄横行に対する違和感とか。あと「10万円」給付についても後手後手でミソつけた、という感想。と言って野党に期待も全くしとらんので、とりあえず安倍以外にそろそろ変えないとダメでしょ、的なゆるい感覚的否定に収斂してゆくような印象。

@kingbiscuitSIU

このへんもちろんそう露わにならないししないから見えにくいんだが、ひとつフックになるのはアメリカ大統領選についての見解。バイデンがもうちょっとしっかりしてくれればなぁ、というあたりは割と共通していて、反トランプというのは安倍に対する違和感よりくっきりはっきりしているらしい点。

@kingbiscuitSIU

この辺の安倍政権(や自民党政権)に対するうっすらとした憎悪にも似た感情の根源は何なのだろうかと考えた時、どうも高度経済成長〜バブル崩壊までの「日本社会」への執着やら憧景みたいなものがあるのではないかという気がしている。

なんとなくリベラル気取りで自民党に文句言ってても、景気は上げ調子で世の中どんどん便利になる感じのあの時代。

そういう時代では気分良く理想論を並べていても自分の生活は豊かになっていくわけで、幸福度は確実に高い。

そのような時代を経験していると今の世情は思い通りにいかない事も多いし、そもそも将来の見通しも暗い。

失われた幸福を再び手に入れたいという欲求は当然発生するだろう。

しかしながら、それはこれまでの日本人が何十年も掛けて積み上げてきた結果なわけで、何かひとつ変えれば全てが好転するようなものでもない。

そういった消化できないフラストレーションの発散先が安倍政権(あるいは自民党政権)だったというのはありそうな気がしている。

何歳差まで付き合えるかという話題で、「年齢で女を見てねえよ」とメチャクチャ格好良い...

何歳差まで付き合えるかという話題で、「年齢で女を見てねえよ」とメチャクチャ格好良い事を言っていた友人が俺の母親に手ェ出したの、悪い夢かと思った

@Gouhou_Drug

親は子供が一人で飯を食えるようになったら好きに生きて良いと思うし、その友人とは今でも酒飲みに行くほど仲が良いので、ただの笑い話だよ

@Gouhou_Drug

おぉ...

俺はきゅうりにはきゅうりしか期待してないぞ。きゅうりに重荷を背負わせるな。

きゅうりを食べてると「きゅうりってほとんど水で栄養ないんだって」って言ってくる人いるんだけど、一体きゅうりに何を期待してるんだ。

俺はきゅうりにはきゅうりしか期待してないぞ。きゅうりに重荷を背負わせるな。

@tkq12

胡瓜に重荷を背負わせたらいい具合いの漬物になって美味しいんですよ

@hizobakuren

フレッシュなあいつは死んじゃってるじゃないですかぁ!?(きんぼし行きたいです)

@tkq12

うむ。

今日、ウーバーイーツの人が自転車で無茶な運転してて、車にクラクション鳴らされてて危ないなっと思ってたら...

今日、ウーバーイーツの人が自転車で無茶な運転してて、車にクラクション鳴らされてて危ないなっと思ってたら、ウーバの人が中指立てながら罵声を飛ばし始めた。

そうしたら、その車が停車して中からバチバチに墨が入った愚地独歩みたいな人出てきて、これは厄介だぞって思いながら見てた。

@kaikinotane

目の前で公開処刑が起きるんじゃないかとドキドキしてたら、独歩が「お兄ちゃん、それ煽りだよ? ドラレコにバッチリ写ってんだけど、今は自転車にも煽り運転の罰則あるの知ってる? これ大変な事だよ兄ちゃん?」って言いながら凄い顔してた。超怖い!

@kaikinotane

ウーバーのお兄ちゃん、スマホ出させられて連絡先交換する羽目に。あと名前と住所も聞かれてた。

「○○君、後で連絡するからね。お腹空かせながら配達待ってる人いるんだから、早く持っててあげな。」って独歩が優しく解放してたけど、お兄ちゃんの顔色が凄く白くなって元気無くなってた。

@kaikinotane

恐らくガチ本職の人だと思うけど、そっちの人って法律とかそういうのに詳しいから、暴力とかじゃなく相手の弱みを突くやり方をするから本当に怖い!

実際、自転車も罰則強化されてるので乗ってる人は本当に気をつけて下さいね。

あとトラブルになる事は避けましょう! 世の中怖いから!

@kaikinotane

oh...

強烈な反アベの人たちが恐れてたのって、結局この「時代の変化」だったんじゃないかな。

強烈な反アベの人たちが恐れてたのって、結局この「時代の変化」だったんじゃないかな。国政選挙では負け知らず。退任時の支持率は50%。しかも政権運営の評価が7割って、思想の違いどうのではなくて世論みたいなもんだもん。その世論の評価。これが彼らの毛嫌いしてた「アベ的なもん」じゃないかと。

@iiduna_yutaka

政権の失点だってそれなりにあったのに、意味不明な理屈や見ている側が不快になるレベルの当て付け・嫌味で世論からグングン支持を失っていったわけだが、野党側にはそういった外からの見え方に関するアドバイザー的な人間はいなかったのだろうか。

仮にあれが彼らの支持層に対しては強いアピール力があったにせよ、浮動層を取り込まねばならない以上、マイナスになれどプラスの効果などなかっただろうに。

すくなくとも他人に「偉大なアーティストだから知性も偉大であって欲しかった」とか「政治的心情が...

すくなくとも他人に「偉大なアーティストだから知性も偉大であって欲しかった」とか「政治的心情が違うだけでさっさと特定個人に死ねと公言してどうなるかを理解できない40代が知性を語り自分は知性が高い」と思ってるの本当に喜劇。

@gerogeroR

例の白井聡先生の件について

「頭が悪い人」って自由とか平等とかめちゃくちゃ大好きなんですよね

これ、多分言っちゃいけないんですけど「頭が悪い人」って自由とか平等とかめちゃくちゃ大好きなんですよね。

より自由により平等になれば自分がもっと人生を楽しめると思ってるんですけど、結果的には強者の踏み台になるんですよね。

勘違いしてる人多いけど、「自由と平等、そして理性に基づく選択が徹底的に尊重される社会」、弱い人間にとって滅茶苦茶生きづらいですからね。30越えた女がフラれたり、40越えたオッサンがリストラされても、相手方の道義的責任を何も問えないからね。「その選択をしたのは自分でしょ?」ってなる

@karamazov012

@shino___kou

むしろ、自由で平等な社会だからこそ、その土俵で戦って負けたら正当なる敗者として地を這う事になるという事が分かっていない。自由で平等だからこそ格差はめちゃくちゃ広がるし、その格差には「自己責任」という言葉がのしかかって跳ね除けるのが難しくなる。

@shino___kou

結局のところ現実逃避でしかないのだ

「自由と平等、そして理性に基づく選択が徹底的に尊重される社会」は弱者に厳しい

勘違いしてる人多いけど、「自由と平等、そして理性に基づく選択が徹底的に尊重される社会」、弱い人間にとって滅茶苦茶生きづらいですからね。30越えた女がフラれたり、40越えたオッサンがリストラされても、相手方の道義的責任を何も問えないからね。「その選択をしたのは自分でしょ?」ってなる

@karamazov012

そして、そういう社会は生き残ることだけにリソースが割かれることになるので、文化や技術研究のレベルが低下していくのだ。

人間誰しも建前と本音の乖離はあるが、女性の場合「あなたの優しさは...

人間誰しも建前と本音の乖離はあるが、女性の場合「あなたの優しさは優しさではなく弱さ」「女の子を人間として扱わないからモテない」というセリフからわかるように、本当の欲望を美しい建前で隠したいという欲求がすごく強いし、女として生きているとそのための言い回しがすごく上手くなる。

@YS_GPCR

「女だから」っていうのは違うような。

例えば、クソブラック企業の経営者(男)だって本音と建前の温度差やべぇし、その建前は美辞麗句で彩られるものだ。

そう考えると男女みたいな性差は関係なくて、他者から搾取することに抵抗のないサイコパスめいた連中の特徴と捉えた方が正しいのではないだろうか。

ツイッター、「ここにいてはダメだと分かってるが取り込まれてしまう、依存症にさせるための完璧な設計」からの...

ツイッター、「ここにいてはダメだと分かってるが取り込まれてしまう、依存症にさせるための完璧な設計」からの「カネを落とさせる仕組みが致命的に弱い」という落差が本当に好き。

@karamazov012

この十年間、必死で考えて信じられないくらいの時間をかけて用意した授業を「就活/インターンなので...

この十年間、必死で考えて信じられないくらいの時間をかけて用意した授業を「就活/インターンなので休みます」のひとことで無為にされ続けてきた者からすれば、「オンライン授業で質が下がった授業料返せ」というのには何だろうね、それ今言う?みたいな感じです

@gorotaku

うーむ

「金だすか、知恵だすか、労力だすか、もしくは一切ださないか」

友達の口癖が

「金だすか、知恵だすか、労力だすか、もしくは一切ださないか」

──という至言なので

外野に何か言われた時は(口だけ出すなんて言語道断…)と思えるし

自分も誰かの仕事や子育てに対してはこの気持ちでいる。

@izakayamarichan

一理ある...のだけど、例えば反ワクチンみたいな事してたら流石に口出しせざるを得ないわけで、人間が無謬ではいられない以上、他人の忠告はとりあえず聞いてみる寛容性も持ったほうがいいだろう。

研究者が最も嫌うのが、自分が目立つことを目的とした、誰の勉強にもならない質問

学会での良い質問とは、他の聴衆にも勉強になるもの。他の多くの人が聞きたかった質問は上。他の人が気づいていない論点を突いた質問は特上。研究者が最も嫌うのが、自分が目立つことを目的とした、誰の勉強にもならない質問。だから、望月衣塑子氏を優秀な記者と思っている研究者はまずいないと思う。

@hkakeya

あるいは、就活の企業説明会とかで周囲に「うわぁ...」って思わせる質問しちゃう人みたいな

白饅頭日誌:9月2日「オンライン・ドッペルゲンガー」

ツイッターは仕様上、その発言のログはさながら川の流れのように時間経過とともに流されていき、参照することが難しくなってしまう。そのため「場当たり的に虚偽のプロフィール」をその時々に応じて騙る行為は、じつに効果的なのである。ツイッターではその瞬間における「共感性の高さ」が、論理的一貫性や整合性などよりも重要だからである。ツイッターは「だれが言ったか」でもなく「なにを言ったか」でもなく「どれだけお気持ちにさせたか」が正義のSNSなのだ。

ツイッターは嘘つきにとって極めて有利なフィールドである。嘘つきと同じフィールドで戦っているかぎり「コイツは嘘つきだ!」という告発によって、あわよくば一時的な信用にダメージを与えることはできるかもしれないが、相手の社会的信用を恒久的に失墜させたり、永久に退場させたりできるような見込みは極めて薄い。

「嘘の味」が忘れられなくなった人は、自分の人生に与えられた時間を、自分自身の現実をよくするためではなく、オンライン上に作られた「偽りの自分」に対する賞賛と共感が集まることに費やすようになっていく。現実の自分が、オンライン上の「偽りの自分」の人気や支持や同情や共感のために、多くの時間や労力を割いて奉仕するという、想像するだに恐ろしい状況が出来上がってしまう。

現実の自分の人生をよくしていくのは、地味で時間がかかる。おまけにコツコツ積み重ねてきた努力が実を結ぶともかぎらないし、人が羨むような成功者になれる確率もすこぶる低い。そんなことに人生の貴重な時間を費やすくらいならば、SNS上の自分を豪華にデコレーションしていくことの方が、はるかにお手軽でリターンも大きいように思えるのは当然だ。たとえ病的な嘘つきでなく一般の人びとであっても、この誘惑に抗える人は案外少ない。

論点整理:「明日海賊にはなれないが、小学生を襲うことはできる」について

しかしそれならば、「浮動層はなぜ野党ではなく与党側に着いたのか」を反省しなきゃあかんのとちゃうか

まあ好意的に解釈して、「無関心な層がなんとなく与党側に着いたから安倍政権は長く続いた」と言いたいのだろう。しかしそれならば、「浮動層はなぜ野党ではなく与党側に着いたのか」を反省しなきゃあかんのとちゃうか

@YS_GPCR

私は明日海賊にはなれないが、小学生を襲うことはできる。“社会的責任”を茶化すのはマズいぜという話

「誰だって90分以内に新宿やアキバのヨドバシに行きたいし、クソデカ本屋に行きたいし...

わいは東京一極集中が止まない要因として、「誰だって90分以内に新宿やアキバのヨドバシに行きたいし、クソデカ本屋に行きたいし、誰だってウーバーイーツでモノを頼みたい」って言ってる

@totori_coms

クソデカ本屋はともかく、他は別にって感じなので田舎暮らしの方が向いてるのかもしれん

コピーライター長谷川哲士の不正について

http://twitter.com/akihiro_terui/status/1300349008989175808

株式会社コピーライター、株式会社噂長谷川の、

東京コピーライターズクラブ(以下TCC)への度重なる不正が発覚。

■他者に不正を指示

株式会社カラスのアートディレクター井上裕一が、

2020年TCC新人賞に不正応募したのは、長谷川哲士の指示。

井上の上司である株式会社カラス牧野圭太は、2020年TCC新人賞受賞。

https://karasu-a.com/

牧野は長谷川の友人であり、株式会社カラスと長谷川は提携をしている関係。

■応募の不正

過去に遡ると長谷川は実在しないクライアントを捏造し、

架空の広告を自主制作してTCC賞に複数回応募。

2016年に不正が発覚し、2015年新人賞受賞とともに入会したTCC会員を除名となる。

長谷川は北陸コピーライターズクラブ(HCC)賞へも、他人になりすまし応募。

scam(詐欺の意味)広告、つまりどこにも発表されていない広告や虚偽のクライアントの広告など

「賞狙いの偽広告」は、カンヌライオンズなど海外でも問題視されている。

■審査員への批判

不正発覚後は自身のTwitterでは不正を見抜けない審査員側が悪いと批判している。

■日常的な虚言癖

長谷川は東洋大学卒業を「東大卒」と名乗るなど、日頃から虚偽行為を横行。

信用するに値しない。

関連

今年のTCCに不正応募がありました。あるデザイナーの方が他人の書いたコピーを新人賞に...

今年のTCCに不正応募がありました。あるデザイナーの方が他人の書いたコピーを新人賞に出してきました。幸い審査前に発覚し即失格に。デザイナー氏に事情を聞くと、数年前に不正行為によりTCCを除名となったあるコピーライターの指示だとわかりました。

@akihiro_terui

TCCは除名になると応募資格を失います。除名になったコピーライター氏がたとえ自分の名前ではなくても自作のコピーを年鑑に載せたいと考えたのか。なんらかの悪意によるものだったのか。理由はわかりません。

@akihiro_terui

ややこしいのが、除名コピーライター氏の指示で不正応募をしたデザイナー氏が、とある受賞作のADでもあることです。しかも受賞者はデザイナー氏が所属する会社の上司。受賞者の方にも念のため問い合わせたところ、部下であるデザイナー氏の不正応募は一切知らなかったということでした。

@akihiro_terui

受賞作のADとして、デザイナー氏の名前をそのまま載せるべきなのかどうか。TCCとしてこれから検討していきます。この受賞作についてはやましいことがないにせよ、このデザイナー氏がやったことは賞の根幹を揺るがせる行為です。

@akihiro_terui

この件TCCの幹事会では実名とともに報告されており、全会員に報告書がメールされました。数年前コピーライター氏を除名するかどうかを総会で決めたとき、寛大な処分を求める方もいました。そういう方が今回の事実を知ったときにどう思われるのか。除名氏は考えたりはしなかったのでしょうか。

@akihiro_terui

別の幹事の方から聞いた話ですが、北陸コピーライターズクラブHCC賞へも除名氏は以前、自作のコピーを他人(今回とは違う人)の名前で応募してきたとのことです。こうなると愉快犯ということなのか。他人に不正をさせてキャリアに傷をつける目的なのか。いずれにしても理解に苦しむ行為です。

@akihiro_terui

不正を指示した除名コピーライター氏も言われるがまま不正に手を貸したデザイナー氏も今日もふつうにクライアントワークをしているのでしょう。そこには不正のないことをひとりの広告人として心から願います。

@akihiro_terui

関連

読書をして人生を悪くすることはないが、良くするかどうかには実はあまり関わりがないな、と

一応、子供の頃からそれなりの量の読書をしてきて、30代になった今思うのは、読書量は別に人生を大きく変える要素にはならんということ。読書をして人生を悪くすることはないが、良くするかどうかには実はあまり関わりがないな、と思うようになった。

@88888888mamy

人生を大きく変えたり良くするのは、根拠のない自信と無謀な行動力だったなぁ、と今では思う。

@88888888mamy

これは確かに。

要するにチャンスを最大化する為に行動できるかどうかが重要なんだなって思う。

「私の暴言は『正当な批判』です」そう強弁する人びとの内面

文筆家御田寺圭氏はこう指摘するーー

「皆○し発言」をフェミニスト側が諌めないのならフェミニズム、フェミニストは...

「皆○し発言」をフェミニスト側が諌めないのならフェミニズム、フェミニストは「○しを肯定」「暴力を肯定」してると思われても仕方がないですね

@Wjfch045Wjkg31r

一人一派などと言って身内の不祥事から目を逸らしていると取り返しが付かなくなるんだよなぁ

「かつて『労働』とは、今で言う肉体労働系に限定されたもの言いだったはず」説

かつてある時期までの「労働」ってのは、今で言う肉体労働系に限定されたもの言いだったはずなんやがな。

@kingbiscuitSIU

だからこそ「労働者」ってもの言いにもそれなりの実体なりイメージなりがまつわっとったわけで、な……

@kingbiscuitSIU

ホワイトカラー系の仕事もとにかく「労働」とくくるようになっていった過程、ってのはもっと振り返られていいと思うとる。

@kingbiscuitSIU

文字が生まれた時代からずっと記録係とか書記官みたいな仕事は常に存在したと思うけど、そういうのは労働者にカウントされないのだろうか??

そういうのは「お役人」であって「労働者」ではないとすれば、何となく分からないでもないが。

労働組合や労働争議などを考えると、サラリーマン的なホワイトカラーも最初から労働者という括りである気はするのだが。

PC普及以前の手書きで帳簿を付けていた時代でもそれらに従事する人間は労働者なわけだし。

ホワイトカラーが「労働者」でなかった時代というのは本当にあるのだろうか。

年寄りが年下の人向けのラノベ絵とかを見て「どれも同じに見える」現象は「老化」というより単なる...

年寄りが年下の人向けのラノベ絵とかを見て「どれも同じに見える」現象は「老化」というより単なる世代間ギャップで共感できないものには興味がわかないだけだと思います。自分が十代の頃、親の世代が聞く演歌の多くがどれも同じメロディでつまらないと思いました(無論そうでないものもありましたが)

@atsuji_yamamoto

たとえば今の若い方に見せたら昔の小島剛夕先生の絵とケン月影先生の劇画絵が見分けつかない方も、中にはおいでだと思います。それは、ただ世代間の感覚の違いで興味が持てないし見慣れていないのだと思います。どちらが上とか下とか優劣の話ではありません。そういう差異はいつの時代にもあるかと。

@atsuji_yamamoto

何事にも文脈ってものがあるから仕方ない。

だからそういうところでマウント取っても仕方ないのだ。

何かに「反対」するって、居心地がいいんですよね。だって、ある意味では「自分で考えなくてもいい」...

何かに「反対」するって、居心地がいいんですよね。だって、ある意味では「自分で考えなくてもいい」わけですから。10年という、そこそこ長い歳月の間に、いろいろなことを「安倍総理(もしくは安倍政権)のせい」にしておけば、その問題に個々で向き合う必要がなくなってしまってたんだよな。

@isa_kent

反安倍・反政権はある種の人々にとって最高の娯楽であり彼・彼女らの人生における福祉の側面はある。

直近で発生するのはアベガーの方々の一定数がメシの種として副業のオトコガーを本業に変える

そちらの反動はまだ先だと思いますが、直近で発生するのはアベガーの方々の一定数がメシの種として副業のオトコガーを本業に変えることだと思います。次の連休までにはTwitter上でも顕在化してるはずです。

@Fate_chu_chu

暗黒予言やめろ

だからフェミニストは雄の間引きを主張しているんですよ。すべては一直線上にある。

だからフェミニストは雄の間引きを主張しているんですよ。すべては一直線上にある。

二次元で満足しているロ.リコンやショ.タコンの人を叩く理由として「エスカレートする可能性がある以上」と言う理屈で言うなら、一般人でも成人異性相手にレ●プに発展する「可能性」が全くないと言えない以上、去勢するべきと言う理屈になるのでは

@kouei_sy521

@rinrin_rinri_

和田洋一氏の「そろそろ語ろうか」語り

興味深い

考えてみるに、日本の年寄りリベラルさんは、中国の大躍進、文革、中越戦争などにいつも見ざる言わざるだった

考えてみるに、日本の年寄りリベラルさんは、中国の大躍進、文革、中越戦争などにいつも見ざる言わざるだった。その行動変容が定着しているんだろうが、若い世代のリベラルさんは単純に知らないか、右派のデマとか、「もっと大切なことがある」とか思うのかもしれないなあ。

@finalvent

若い世代のリベラルさんなるもの、あまり具体例が思いつかないんだが。

というか、リベラルとは何を希求する集団なのかも曖昧になっているような。

政権や反原発、反ワクチンみたいな既存の何かに対するアンチ活動みたいな「敵ありき」の活動が多い上に、そこにビジネス目的に乗っかってくる輩が多すぎて本質的には何を求めているのかよくわからないみたいな。

女性の仕方のない特性ということでヒステリーが許されるのなら、男性のセクハラも同じ理屈で...

女性の仕方のない特性ということでヒステリーが許されるのなら、男性のセクハラも同じ理屈で許されるということに接続されるからね。

「ヒステリーを起こすことは決して許されることではない」ということは知っておくべきだし、許してはならない事を子どもたちにもちゃんと教えないといけない。

@nabata_me

「一言でいうと?」と言われたら「二言以上は理解出来ない人?」と返してこうな

「一言でいうと?」と言われたら「二言以上は理解出来ない人?」と返してこうな

@AntiBayesian

喧嘩腰で草

とある人事部長の後悔を聞いてほしい2

※字数制限に引っかかったので1と2に分けています。

事案4 顔も知らない、新入社員になるはずだった人達

一番の後悔だ。このことがなければ今回の記事を書くこともなかった。

あなたの会社でも、採用候補者に対して身元調査を実施することがあるかもしれない。私の会社ではそうだった。

私が勤めていた会社というのは、普通の会社よりも多くのことを調べることができた。

例えば、戸籍だ。採用者の本籍がどこで、家族はこういう名前の人で~といった情報について、グーグル感覚で調べられる部署がある。

病歴もわかる。社内のシステムには、この人がこの病院にかかって、こんな病気で、医療費はこれだけで、自立支援を受けているから医療費は1割負担で~といった情報が入っている。

限定的な範囲に留まるが、犯罪歴もわかる。

さて、採用内定を出す段階になると、採用候補者に対して上記の調査を実施する。担当部署に行って、個人情報の照会履歴ノートに自分の名前を記入し、システムを使わせてもらい、調べを進める。

会社にとって敵対的な人物が親類縁者にいる人や、過去にうつ病などの精神疾患になったことが判明すると不合格にする。具体的には、面接の評価を5段階中の2に変更すると必ず不合格になる。

犯罪歴に関しては、該当者がいた経験がないので何ともいえない。名簿に記載があった時点で、罪状に関わらずアウトなのだろうと思う。

こんなことはおかしいと思っていた。なぜ、公平で中立で平等であるはずの採用試験でこんなことをしないといけないのか。ずっと考えていた。

誰がこんな調査を行わせているのか? これが一番の問題だった。

誰が仕向けているかわからないのだ。毎年この時期が来ると、総務部長から指示が来て、特定の役職(全員係長~課長クラス)にある者が分担して任務にあたる。

放っておけばこんな習慣はなくなると思ったが、そんなことはなかった。毎年、内定者のリストを完成させて総務部長まで持っていくと、調査を行うように指示が来る。「これは誰の指示ですか」と聞いても、「定年までにはわかる」と言葉を濁される。

結局、定年までわかることはなかった。私が彼ほどに昇進できていればわかったのかもしれない。でも、私はそこまで出世できなかった。肉薄するところまでは行ったのだが。

今でも、この慣習は続いているのだろうか。誰かが止めたのだろうか。

私にはできなかった。

もし、これが総務部長が発した指示であれば、戦ってなんとかなったかもしれない。でも、トップの指示だったら?戦ってなんとかなっただろうか?なったとしても、会社にはいられないだろう。

私は矛盾している。あの時代に、私は悪習を絶つことができなかったのに、定年になって、何年も経って、あの時の自分は間違っていたと後悔している。でも、今の私がデロリアンに乗って過去に飛ぶことができたとしても、行動を起こすことはできないだろう。私にそんな度胸はない。

私はなによりも哀れだ。私は自由ではない。私には、自分の意志を実行する力が全くない。

なぜ、私は弱い? 私が何度も何度も道を譲ってきたからだ。それで、私は周囲の玩具になってしまった。私が周りに力を与えたのであって、周りが私を弱くしたのではない。

私は自由ではない。なぜなら、私が私自身と気が合わないからだ。私が自身を恥ずかしいと思って顔を赤くしているからだ。

私には、自分の意志を実行する力が全くない。

最後に。

人事担当部局の役職者として約十年間、平社員だった時代を含めれば約二十年間、人事の仕事に携わって得た知見を共有したい。

今回の内容は、社員や職場の抱える問題への対処や、人事異動の内容まで含めて決定する層に向けて書かせていただく。参考になれば幸いだ。

★ 問題社員(有能型)への対処について

一般的な問題社員への対応は、ネットに豊富な事例があるのでここでは述べない。ネット上に事例が載っていない案件(※私は見つけることができなかった)について述べる。

ここでいう問題社員(有能型)とは、以下の特徴を持った社員をいう。あなたの会社にも多分いると思われる。

・能力だけ見れば高い。5段階評価でいえば4以上

・自己中心的な言動が目立つ

軽度のもの…「自分はすごい」という自慢や、後輩社員へのマウンティング

中程度のもの…気に入らないと不機嫌になって悪態をつく。あるいは指示された仕事をしなくなる

重度のもの…パワハラやセクハラ。人前で後輩を怒鳴りつけたり、女子社員の身体的特徴を馬鹿にする

・上司にはへりくだる。弱い者には厳しい態度

昔は、こういうタイプの社員は放置されていた。こういう人いるよね、で済まされていた。

むしろ、上司が命じた仕事は十分なレベルでこなすので、ハラスメントを行う者であっても処罰されなかった。いなくなっては困る存在なので、マウンティングやハラスメントは表立って認容されていた。

昨今は社員のメンタルヘルスの観点から、こういったタイプの問題社員にも対処する必要がある。そこで、私の経験上、有効だった対策や、必要な視点を述べていく。

・一番の対策は、『仕事量を偏らせない』こと

問題社員(有能型)は、他人をコントロールする権力を欲しがっている。他人に言うことを聞かせたいのだ。他人に舐められることを極度に恐れている。

行動傾向として最たるものは、『積極的に仕事を取っていく』というものだ。他人のものまで含めて仕事を取ることで地位を高めようとする。そして、自らの能力が高まり、裁量を与えられるようになり、ますます権威を増していく。

対策はすでに述べたとおりだ。たとえ、彼や彼女が有能で、多くの仕事を処理できたとしても、全員に対して同じ量の仕事を割り振る。

問題社員(以下Mとする)が他人の仕事を奪おうとしていたらブロックする。具体的には、仕事を取られようとしている人(以下Nとする)のところへ行き、「それでいいのか?」と合意を確認する。Nが拒否する、または何も言わなければ、拒否とみなしてMに対する指導を行う。

では、Nが「Mさんに仕事をあげます」といった発言をした場合はどうするか。この可能性もあり得る。自分の仕事が減るし、Mには逆らいにくいからだ。

この場合も、他人の仕事を取ってはならないとはっきり告げる。そのうえで、Mだけでなく、Nに対しても指導をする。

ポイントとしては、何度も繰り返し行うことだ。何度も行うことで、上司の指示を守っていないことをわからせる。これは何度行ってもハラスメントにはならない。その仕事の割り振りが組織内の決裁を経ている限りは、業務上の指示にほかならないからだ。

繰り返し行っていれば、向こうが根を上げることが多い。上司の見ていないところで仕事を渡している可能性があれば、ほかの社員に教えてもらう。

Mは、他者に舐められることを恐れている。態度が頑なになることが多い。普通の態度ではダメだ。毅然とした態度で接する必要がある。

反論時の想定問答としては、以下のやり取りを例にする。

M「私が暇になったらどうするのか。このままではやることがなくなる」

→「遊んでいなければ何をしても構いません。具体的には、業務マニュアルの作成や、後輩の相談に乗ってあげてください」

M「私はNを心配している。Nが潰れたらどうするつもりか」

→「これはNさんが実力をつけるために必要な機会です。私が必要に応じてサポートします。Nさんの負担が重いようであれば早急に対策を取ります。Mさんが今動く必要はありません」

M「業務を放棄するのは問題だと思うが、なぜ積極的に動くのがダメなのか」

→「他の社員が成長する機会を奪っているからです。あなたは成長しますが、チームが成長しない。だから必要以上に仕事をしないでください」

・『仕事量を偏らせない』という方法のデメリット

ただし、この方法には難点がある。あなたが優秀である必要があるのだ。

問題社員(有能型)のような存在がいなくても成り立つ職場であればよいが、昨今はそうでない職場環境が増えている。労働経済白書によると、1人当たりの仕事量は全国的に増加傾向にあるようだ。

Mの仕事を取っても、他の部下にすべて回せるとは限らない。回せなかった分はあなたが取るしかない。1人当たりの業務量が多くなった部下はあなたがサポートする必要がある。

これにより、業務効率の著しい低下が起こったり、メンタルを病んだ者を出した場合、この対策は失敗だったことになる。かつての、Mに業務が偏っていた状態に戻さざるを得ない。この点は重々気を付ける必要がある。

なにより大変なのは、あなたがMと対決せねばならないことだ。Mのような社員の特徴として、①口が回る、②攻撃性が高い、③恨みを覚えている、といったものがある。

以上を踏まえたうえで、あなたはMに言うことを聞かせないといけない。

あなたが『仕事量を偏らせない』という対策を行おうと決めた時点で、もはやどうしようもないほどに職場がMに依存していた場合も諦めるしかない。

この状況でMと対決するのは望ましくない。現実的に難しいことを無理に実行することで職場が不仲になる可能性があるし、もしMが病気その他の事情で職場に来れなくなった場合に崩壊するおそれがある。

こんな場合は、黙って待つしかない。

・問題社員(有能型)の正体について

このタイプの問題社員は、本当に問題なのだろうか?

私は、このタイプの問題社員に対しては、「北九州市の新成人理論」を採用している。

かつて、北九州市で新成人(の一部)がやりたい放題に暴れた結果、警察のお縄になる事件が毎年のように起こった。

彼ら彼女らは、何十万円もするド派手な衣装に身を包んで、何百万円もするド派手な車で来場し、会場の内外で大騒ぎし、酒を飲み、演題の前に立った市長に対して暴言を吐き、帰り道には警察の検問を強硬突破する。

そんな光景が全国ニュースで流れる度、テレビのコメンテーターが呆れ顔で意見を述べる。インターネットでも同じような反応で、この時ばかりはマスコミの意見とネットの意見が合致する。

しかし、「あいつらはバカなことをしているから規制すべき」という考えは誤っている。

バカでもいい。彼らは悪くない。成人式で飲んで騒いで暴れる馬鹿者は、むしろ地域社会を支えていく存在だからだ。

彼らのようなタイプの新成人は、今後もその地域に残る可能性が高い。未来の納税層にあたる。大げさにいえば、地域にとっての希望だ。

成人式の前には高級なレンタル品を一式借りる。濃紺や真白の羽織袴や、紅色の着物にふわふわのファーを首に巻いて会場入りする。

誰よりも目立ってやろうと思っているし、「成人式は特別な儀式である」と考えている。その意味では、主催者である市町村と同じだ。

彼らは成人式を大切に思っている。だから暴れる。暴れることが、成人式への彼らなりの真面目な参加行動にほかならない。

反対に、主催者のアナウンスに従って、席にじっと座っている新成人こそ、生まれ故郷から身も心も離れてしまっている場合がある。

彼らが暴れないのは……暴れないにしても、大騒ぎをしないのはなぜだろうか?彼らが故郷を捨てているからだ。

生まれた場所にうんざりして、東京などの都会に出て行った者は、「早く終わんないかな」と思いながら成人式に参加している。

地元を離れる日程は決まっている。大抵は次の日に、高速バスか新幹線で都会の住処に帰るのだろう。この青年達はまだましな方で、地元に愛が残っていない者はそもそも成人式に参加しない。都会で行われる地方出身者のための成人式に参加するか、またはアルバイトに勤しんでいる。

暴れる新成人はこれとは逆だ。彼らはこれからも地元で生きていく。だから、自らの存在を派手にアピールする必要がある。成人式におとなしく参加する層よりも、彼ら彼女らの方が地域を愛しているといえる。

脱線した。問題社員(有能型)の話に戻ろう。

彼らは、暴れる新成人と一緒だ。彼らにとって会社は大事な存在なのだ。存在意義を証明するための場所として。

会社にとって必要な人材になりたい。同僚や上司の行動が間違っているのを正したい。会社をよい方向に導きたい――彼らは、こういう想いでMをやっているのでは?と私は考えている。

逆に、Mを非難する立場の社員の方が、仕事にやる気がなかったり、能力面でも倫理面でも評価が低かったり、責任感のない行動、自己本位な行動を取ったりして会社を苦しめる。弊社における平均的な傾向はそうだった。

例えば、「あいつの行動はパワハラだから処罰してください」と言って、人事に通報してきた社員がいた。この場合のM(あいつ)は、通報した社員の先輩だった。

その通報した社員は、特段の難点があるわけではないが、平均よりは下位の評価だった。

処罰する根拠として、30件以上のMのパワハラ行動が記された記録が付されていた。事実確認を行った結果、概ね事実だったので文書戒告の処分を行った。

不服として、そのMは反論を続けていたが、処分内容が示された書面を受け取ると何も言わなくなった。

これも私の後悔のひとつだ。というのも、その後の社内貢献のレベルとして、Mの方が段違いに優れた実績を出したからだ。彼が役職者に上がってからは、パワハラ行動は減っていき、実質的に残業ゼロの職場を作り出した。メンタルを病んだ社員もいない。

一方の通報した社員は、数年後に最悪の形で定年退職した。有給休暇がかなりの日数残っている状態で仕事が溜まっていたのだが、なんと、定年退職日までの全ての有給休暇を申請して会社から消えてしまった。

残された者は苦しい思いをした。彼がいた職場の1人当たり残業時間は、前月比100%になった。彼の取った行動について処分が必要であるとの意見も出たが、労働関係の法令上は問題はなく、労働組合としても彼の行動に異論はないとのことだったので、処分は行われなかった。

ここまで読んでいただけたなら嬉しい。書いた甲斐があったと思う。

若干ぼかしているとはいえ、社外秘なことをここまで書き連ねようと思ったのには理由がある。

自死を考えている。

今日とか明日ではないけれど、年内にはこの世からいなくなりたい。

社会人として働いて約40年、多くの罪や後悔を残してきた。上には書いていないけれども、人として行ってはならないことにも手を染めてしまった。

数年前に定年退職してからは、嘱託職員として民間企業で働いて、公民館のカラオケ教室に通って、インターネットで同じ趣味をもった仲間とコミュニティを作って……

平穏な生活を続けるうちに、社会人生活で自分が犯してきたことに反吐が出るようになった。

最初の頃は思い出したくないという程度だったが、日中に何度も頭をよぎるようになった。

近頃は夢に出てくる。

大抵は、当時の思い出が醜く改変されていた。夢の中で、当時の関係者が私にグロテスクに復讐をする。

どうすればいいか真剣に考えた結果、死を選ぶという結論に達した。

私にとっての遺書を書きたいと思った。

今の気持ちをありのままに吐露してみたいと思った。

はてなブログや、はてな匿名ダイアリーに投稿してみたかった。

それが叶って嬉しい。

パソコンのモニターを見ると目が痛む。

あまり推敲できなかったのが悔やまれる。

読みにくい部分があったと思うので謝らせてもらう。

ありがとうございました。

とある人事部長の後悔を聞いてほしい1

かつて、大手企業で人事部長をしていた。

人事部長という役職名ではないが、似たような名称のポジションだった。

人事の機能のひとつに『処分をつける』というのがある。

問題のある社員への指導教育だったり、人間関係のトラブルに決着をつけたり、罪を犯した人間を罰したりする機能だ。

それに比べれば、勤怠管理だの、給与の支払いだの、社会保険の手続きなどは子どもの遊びに思えてくる。

そんな、面倒くさい問題に10年近く携わってきた。

今でも夢に見る。

後悔がある。どうしてあの時、もっとやれなかったんだろう、やらなかったんだろう。

どうして、あの人の心に寄り添うことができなかったんだろう。どうして、自分の思う正しさを貫くために上位の役職者を説得しなかったのだろう。

そんな後悔を吐き出したくて、はてな匿名ダイアリーに投稿することにした。

事案は4つある。そこまでぼかしてはいない。私自身と向き合うためには、真実を吐き出さないと意味がないからだ。

事案1 真奈美さん(※仮名。以下同じ。当時50代前半)

彼女は現場の仕事をする職種だった。現場といってもそこまで肉体労働ではないけれども、専門職なのは間違いない。

ある年から、その仕事を外注に出すようになった。このままでは失業することになるが、組織として無責任だということで事務職に職種変更となった。

結果は想像のとおりだ。てんで話にならなかった。

料金計算を間違えた請求書を送るし、システム上の顧客情報を誤編集するし、よく交通事故を起こすし、難しい質問がきたら硬直して動かなくなるし、気分の浮き沈みが激しい。

職種変更してからは、1年毎に様々な部署をたらし回しになった。当時の私は人事部長でも何でもなかったけれども、1年毎に異動するパターンの人なんだな、というありきたりの感想だった。

こういうタイプの人は、適合する部署が見つかると十年単位で同じ部署に磔になる。いい部署が早く見つかってほしいな、と思ったのを覚えている。

真奈美さんは自殺した。

4つ目の部署だったと思う。この部署は、基本的に事務が主体だが、肉体労働の仕事もあった。

彼女は、あろうことか肉体労働のポジションに充てられてしまったのだ。木を切ったり、ごみを運んだり、池に浮かんだ鳥や鼠を回収したり…

一度だけ、見たことがある。ごみ処理場のダストシュートに軽トラックが止まっていて、60から70くらいの老人達(シルバー人材センターの会員だと思う。派遣労働者ならもっと若いことが多い)が伐採くずをダストシュートに投げ込んでいたのだが、その現場で彼女も仕事をしていた。

泥まみれの作業服。トラックの荷台の上で、えっちらおっちらと伐採くずをダストシュートに放り込んでいた。

ひどい話だろう。でも、当時の私はそうは思わなかった。その部署には肉体労働ができる男性が足りていなかったので仕方がない。そう思っていた。真奈美さんの上司は男性だったけれども、管理監督職がそんな仕事をすべきではないと素朴に考えていた。

労働組合の女性部が人事研修課に怒鳴り込んできたのを今でも覚えている。「どうして女性社員にあのような仕事をさせているのか」、「あなたたちには法的な正しさ以外は理解できないのか」といった内容だった。

その後すぐ、真奈美さんの職場を覗きに行った。上司に怒られている最中だった。周りの社員は何も言わないでいる。むしろ失笑していた。仕事が早いわけでもなく、制度が高いわけでもないので当然の結果だったのかもしれない。

翌日、私は課長に相談に行った。「真奈美さんはあのような状況ですし、肉体労働で女性の社員がケガをしたらうちの課の立場が悪くなります。今年度末で異動させた方がいいと思います。早ければ来月にでも」といった内容だった。課長は、「急ぎの案件ではない。そのうちまた検討する」と言っていた。

それが12月の初旬だった。この3週間後に真奈美さんは死を選んだ。死因は延べない。

今でも夢に見るのは、課長に相談をした場面だ。どうして、「うちの立場が悪くなる」という理由を述べたのだろう。「真奈美さんの健康が心配です。大事になる前に手を打ちましょう。今すぐに異動させるべきです」となぜ言えなかったのだろう。

なぜ私は、正しい行いができなかったのだろう。

事案2 結衣さん(当時18才)

結衣さんは高校を卒業してすぐに採用された。

性格は明るめだったと思う。高い声の人で、社内で大声で笑い過ぎて注意を受けることがあった。

配属されたのは債権管理の部署だった。知能テストで理数分野の点数が高かったのと、定型的な業務が中心の部署なので、新人に相応しい配属先だと判断された。

問題が起こった。配属されて3か月が過ぎた頃、人事に連絡が入った。「あの子は服装が派手過ぎる。あれではお客様の前に出せない。試用期間中なのにあれはひどい」というものだった。

先輩や上司が注意しても直す気がなく、それどころか、注意した男性の先輩をハラスメントで人事に訴えると威嚇したという。

結衣さんのいる部署の前を不定期に通ってみると、いくつかのことが判明した。

実際、派手な装いだった。髪は金髪だったし、ピアスをしていたし、ひらひらのスカートを身に着けていた。

接客態度もお世辞にもよいとは言えなかった。お客にため口になったり、自分1人では手に負えないのに先輩に相談せずに不動産会社に怒られていた。

人によって態度が違う。若手社員に対しては強気だが、お父さん風(?)の優しい雰囲気の社員の前では借りてきた猫のようにおとなしい。

結衣さんに対して研修室で面談を行った。当時は役職がついていた私と、課長(事案①と同じ人)と、結衣さんの直属の上司がその場にいた。

本人が言うには、

・変な格好で来ているとは思わない

・仕事に来る服装は自分で選びたいし、他人が口を出すのはおかしい

・この格好が自分らしい。学校でも、アルバイト先でも文句を言われたことはない

面談は平行線に終わった。

結衣さんは、最後には「努力します」と言ったけれども、金髪が直ることはなかった。服装は大人しめになった気はしたが、私にはファッションのことはわからない。彼女と同年代の女性社員に廊下でやんわりと聞き取ったところ、「反省する意思はない」とのことだった。

試用期間で切るべきである。それが課長の判断だった。

私は反対したが、すでに人事のトップである総務部長まで話が通っていた。あとは役員級が承認するだけだ。

さて、当時の手帳を見ながらこれを書いているわけだが、その中には彼女に対する個人的乾燥として、こんなことを書いていた。

自分の意志があって動いているように見える。高校生で3年間アルバイトをしながらうちの入社試験に通ったのはすごいし(※当時の弊社の高卒入社倍率は30倍程度だった。おそらく今でも)、3人の年配社員に囲まれても自分の意見を貫いたというのも尊敬できる。うちの娘や息子を見ていても思うが、彼女は優れている。ぼんくらじゃない。うちの子ども達が情けなくなってくる。でも、うちの会社とは相性が悪い性格なのは否めない

結衣さんは、その後どうなったと思う? ここに記している時点で読み手は察しておられるだろう。

久保になったのだ。試用期間で切られた。

あの時、研修室で「あなたを本採用できない」と伝えた時の彼女の面持ちは今でも覚えている。一瞬、歯ぎしりをしたように見えた。眉間に皺を寄せたと思ったら、すぐに平時の顔つきに戻った。淡々とした声の調子で、「わかりました」と言っていた。涙を浮かべるのを我慢していた。

…それから、私は結衣さんを首にしないために何をしたと思う? なにもしなかった。

『総務部長は承認したというが、本当だろうか?』

『まさか、総務部長やそれよりも上の人間が、高卒の子を半年で切るという意思決定はしないだろう』

『よくある新人への脅し文句だ。通過儀礼のようなもの』

手帳には記していないが、私は当時、こんなことを考えていた。情けない。今でも結衣さんの顔が脳裏に浮かぶことがある。

そのことがあってから、「別の会社でうまくやれていたらいいな」とずっと考えていたし、ずっと祈っていた。

真奈美さんと違って、結衣さんの夢は見ない。良い知らせがあったからだ。政令指定都市の職員として働いていることがわかった。

知ったのは偶然だ。回覧物に閲覧済のシャチハタを押している時、偶然に名前を見つけた。

あの時の安堵を言い表すのは難しい。心の底から安心できた。この日は早く家に帰る予定だったが、変更して居酒屋に寄ることにした。

事例3 和也さん(当時20代後半)

発達障害と呼ばれていた。私には診断能力はないが、周囲の評価はそうだった。

ある時、彼が直属の上司を怒らせてしまった。その上司は、一般市民その他の重要人物が観ている前で怒鳴り声を上げたのだ。私も見ていた。イベント会場だった。彼が指示を守らなかったのが原因のようだ。

その上司と和也さんは偉い人から大説教を受けた。後日、彼の指導教育を人事で受けることになった。

事前の報告書によると――まず、空気が読めない。他人が喜ぶとかイラつくとか、そういったことを予想できない人だった。

会話能力が低い反面、言語での表現能力は高い。文書ドキュメントの作成能力は社員の平均を超えていた。特に、プログラミング能力が秀逸であり、エクセルの帳票データを改良しては、これまで半日かかっていたものを20分で~みたいな改革を進めているとのことだった。

文章やレイアウトのこだわりが非常に強く、人が気にしない箇所でも時間をかけて修正する。かと思えば、オフィシャルな文書で使うべきではない表現(見積りあざッスヽ(^^)など)をメールにしたためることもあり、取引先からやんわりと注意を受けることがあった。

彼と面談した頃は、人事研修課長と呼ばれる立場になっていた。実際に面談してみて感じたのは、論理性が高いということだった。すべての言葉に理由を付けようとする。とりとめのない理由もあれば、よく考えているものもあった。

「職場の和が乱れるのはどうしてだと思う?」という質問に対しても、「理由は不明です。非常識なことはしていません。でも、ほかの人と自分の感じ方が違うのはわかります」と答えていた。

ほかにも多くのやり取りはあったが、どうにもおかしい点があった。

彼の発達障害についてだ。当時は発達障害という言葉が流行り始めていた。今ほどには一般的な言葉ではなかったと思う。

彼は発達障害なのか?という疑問を持った。というのも、発達障害に関する書籍を読んだところ、真の発達障害では弊社の面接を突破することは不可能だと確信したからだ。

彼との面談では、イラっとすることはあったものの、怒りの感情とまで呼べるものは湧いてこなかった。彼はその実、他人に配慮することができるのではないか?

つまり、発達障害を装っているのだ。本来的には、別の何かであって、それが原因で周りとの不和が起きている。サイコパスとか、ソシオパスとか、反社会性障害とか、当時は色々と調べたが、素人に結論を出すことはできなかった。

ひとつだけ、わかったことがある。『演技』ができる人間だということだ。

彼の採用面接の記録を見たところ、今の状況とはまるで異なる印象が記されていた。例えば、個人面接では溌剌とした雰囲気だとか、グループ討論では司会を務めており、周囲と協調しながら自分の意見を主張できる~といった内容だ。

グループ討論というのがポイントだ。個人面接では、面接官との相性次第でどうにかなることもある。それが合否の大半を占めるといっても過言ではない。しかし、集団面接の相手は同じ受験者だ。その中でリーダーシップを取って、しかも面接官3人すべてから高評価というのは、これまでの彼の社内評価と矛盾している。

この問題については、根拠を示して解決できるものではなかったので様子見とした。彼は不和こそ引き起こしているものの、能力自体に問題はなかったからだ。小さいミスは起こすようだが、大きいミスの経験はないし、頭の回転も速かった。それに、弊社にとってプログラミングができる人材は希少だった。

和也さんのケースも私の失敗例のひとつだ。

彼と彼の部署は結局、不和を乗り越えることはできなかった。和也さんの態度にキレた別の上司が、彼に対して暴力行為を働いたのだ。それを見ていた一般市民が警察に通報し、社屋の前にパトカーが停まった。

最終的に、彼と、彼に関係する社員が全員処分となった。

半年後、和也さんは転職した。退職面談の記録によると、次に行く会社ではプログラミングの専門職のようだった。IT業界には詳しくないが、はてなブログでもたまに見る名前の会社だ。

彼にとっては、よい結果になったのかもしれない。でも弊社にとっては違う。あれから、社内インフラ等の整備に関する部署が新たに誕生したし、私が退職する間際も情報関係の業務ができる人材は常に足りない状態だった。

あの時、様子見ではなく、もっと抜本的な対応をしていれば。

今思えば、電算管理システムを担当している総務課にでも異動させてやればよかった。そうすれば、あんな事件によって心が傷つくこともなく、今でも働いていたのかもしれない。

日本を米英らと肩を並べる『ルールを作る側』にした外交が日本政治史に残る大金星だと思うよ

繰り返しになるけど、アベノミクスで経済・雇用を立て直したのは当然デカい功績だけど、「自由で開かれたインド太平洋」って概念を提唱して、日本を米英らと肩を並べる『ルールを作る側』にした外交が日本政治史に残る大金星だと思うよ。ポスト安倍はここを重く見て欲しい。

@s_w_s_m

なるほど

「弱者は寄り添うことでよりもシステム的に救う方が救える」という命題

「弱者は寄り添うことでよりもシステム的に救う方が救える」という命題を強く主張したい。その心意気は「結果的に救われるならそれで良い」である。

@ponatky

貧困層や障害者など弱者とカテゴライズされる人々は別に清貧で潔癖な人格を持っているわけではない。

むしろ、貧困層はなるべくしてそうなったのだとしか言いようのない輩はゴロゴロいるし、障害者だって日々の鬱屈から拗ねた性格になっていることも多い。

己の自己満足の為に弱者支援に関わる人は勝手に「キレイな弱者」を想定し、現実に打ちのめされるのがお決まりのパターンである。

人は不用意に現実を直視するべきではないのだ。

したがって、弱者はひとつのグループとして個体識別を避け、システムとして一律で救済することは持続的な支援を行う上で重要な手法なのである。

「小生」を使うツイートはヤベェ(中略)散文詩を書く奴もヤベえと思ってる

「小生」を使うツイートはヤベェとか

「貴兄」を使うのもヤベェとかありますけど

個人的には

「話題の件、調べている、

だが分からない、何故?隠蔽?情報統制?

誰が動いている?

思い浮かぶ名前は複数。

真実は、何処に。」

みたいな散文詩を書く奴もヤベえと思ってる

SNSで一人称が「オイラ」や「小生」な人はヤバい奴だと話題になりますが、実際一番ヤバいのは... - Togetter

@yontengoP

朝日新聞の読者投稿欄に載ってそうなやつ

NEXT